伊東制作所ブログ

ハッとしたものごとを書き残したい衝動


まずいビール酵母(エビオス粉末)を美味しく飲む方法

年末で超絶忙しくなってくるこの季節。体調を崩したら最悪です。
そんな健康管理の一環としてビール酵母、そう「エビオス」を飲み始めました。

ビール酵母の何がいいかというと、テキトーな食生活をしていると摂りにくい栄養素を、簡単にバランスよく摂取出来るということに尽きると思います。

ビール酵母には、ビタミンB1・B2・B6などのビタミンB群、たんぱく質、ミネラルといった栄養素の他に、グルカン、マンナンという食物繊維、さらに核酸などが豊富に含まれています。
<中略>
ビール酵母には、たんぱく質を構成するアミノ酸のうち、体内ではつくれない必須アミノ酸9種類すべてが含まれています。天然素材のビール酵母から生まれた「エビオス錠」は、たんぱく質を豊富(40~50%)に含み、胃腸の健康に役立ちます。
(エビオスの公式サイトから引用)

Amazonのレビューを見ていても妙に評判がいいので、読んで飲むだけでプラセボ効果が出そう▼
レビュー

レビュー2
うーん、ここまで書かれているってことは実際になにかしら効果はありそうです。

粉末バージョンを試してみる。だが…

で、最初は通常の錠剤タイプを注文したのですが、粉末バージョンも有りまして、今はそちらに切り替えて飲んでいます。理由は以下。
1、錠剤は一日に30粒も飲まなきゃいけない
2、同分量なら粉末の方がややお得らしい(Amazonレビューで事細かに計算してる人がいた)
3、料理にも混ぜることができるのでカスタマイズ感が楽しめそう
4、錠剤は固形化するのに若干の添加物も入っている(身体に悪影響はないでしょうが、一応)


最初はとりあえずそのまま白湯で飲んでみたんですが、多くの評判通りマズいっす
独特のエグ味とでもいいましょうか。毎日飲むのはどーしても辛いレベル。
もちろんメーカー側もそんなことはよく解っていらっしゃるようで、カレーに入れるとか様々な提案をしており、実際に入れたら香辛料とマッチして、多少コクらしきものが出たように思います。
ただ、カレーばっかり食べていられないですよね。
そこで、毎日自然に摂取できるものはないかと、ヨーグルトや汁物など他の素材でも試行錯誤していたところ、1つの勝ちパターンに辿り着きました。

ビール酵母粉末+カップスープ(ポタージュ)が最強

これです。このタイプのカップスープ。コーンスープでもいいんですが、ポタージュの方が相性が良い気がします。
ポタージュ

このポタージュの粉っぽさと微かな甘さ/コク/油分/若干のジャンクフード感に上手くビール酵母のエグ味がまぎれて、全く違和感がありません。お吸い物など和食系のスープだとこうはいきませんでした。

1つだけコツがあるとすれば、よーくかき混ぜるということぐらいでしょうか。溶け残りが出やすいので。

というわけで「ビール酵母を試したいんだけどマズいのがネック」という方、ぜひお試し下さい。

ちなみに、自分はポッカ製ので愛飲していますが、たぶんどのメーカーのでも大差ないかと思います。

※味覚は個人差が大きいので、やってみてダメだったらすみません。

飲んでみた効果は?

このような健康がらみの投稿をしておきながら、実は風邪をひいてしまいました。
ですが、いつもと比べて悪化せず、ギリギリのところで踏ん張っている感じです。
また、風邪を引きながらも、多くの方が報告している通りに胃腸の調子も良いです。
というわけで、粉末エビオスになんらかの効果があったと思い込むようにしています。


PROFILE

Hiroyuki Ito

ウェブディレクター/サウンドクリエイター。個人事業としての伊東制作所(当サイト)を経てシララ株式会社を設立。

RECENT POSTS

Facebook

Twitter

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH