伊東制作所ブログ

ハッとしたものごとを書き残したい衝動


iGoogleの代替はnetvibesがよさそう

RSSリーダーとして、個人的にはかなり重宝してきたiGoole。

「2013 年 11 月 1 日以降ご利用いただけなくなります。」という悲しいお知らせが出るようになったのはいつからでしたでしょうか。
まだ先だと思って放置していたら早いもんです。

iGoogle は 2013 年 11 月 1 日以降ご利用いただけなくなります。

あー乗り換えめんどくせえ…と思いつつ、しょうがないので下記のような条件で代替サービスを探しました。

1、無料!
2、iGoogleからのデータ移行が楽
3、馴染んでいるiGoogleとUIが近い
4、せっかくなんでiGoogleには無い機能も使いたい

結論として、僕が乗り換えたのはnetvibesです▼
netvives
サービスを提供しているのはおフランスの会社です。でもほぼ完ぺきに日本語化されていますので安心。

1、無料!

有料版にすると後述するような機能が増えたりしますが、iGoogleで出来ることは無料版で網羅しています。

2、iGoogleからのデータ移行が楽

iGoogleを使ってる層の人にとっては、おそらくカンタンな作業です。
まず最初に、「iGoogleの設定」画面の一番下に「iGoogleの設定をエクスポートする」項目がありますので、ここでファイルをエクスポート(ダウンロード)します。
igoogle_export

残念ながらそのままのファイル形式ではnetvibesでは読み込めないので、
Export iGoogle Feeds to OPML
という神サイトを使わせてもらいます。
方法はカンタン。ダウンロードしたファイルをテキストエディタで開き、ソースを貼りつけ⇒convertボタン⇒convert後のソースをまた元のファイルにコピペして保存。

で、このファイルを以下画像のようにnetvibes左上の「追加」⇒フィードの順で表示されるインポート画面から取り込むだけ。
netvibes_add_feed

3、馴染んでいるiGoogleとUIが近い

ご覧のとおりです▼
netvives_user_top
違和感ありませんよね。
もちろんドラッグアンドドロップで各ウィジェットを動かせます。
普通のRSSリーダーのようなリスト表示も出来ますし、レイアウトや色もかなり自由にカスタマイズできます。

4、せっかくなんでiGoogleには無い機能も使いたい

実はこのサービス、RSSリーダーというのはほんの一面にすぎず、むしろ多機能なダッシュボードサービスなんです(iGoogleもそういう一面はありましたが)。
無料版でも、ウェブ上に公開できるPublicpageを持つことが出来たり(Facebookページみたいなもの?)、有料版に至っては本格的なウェブ上のトレンド抽出機能などエンタープライズ向け機能がてんこ盛りです。

▼画面上部のタブを開くとこんな画面が。すぐ金を払わせようとするのはお約束▼
netvives_premium

▼料金表。プレミアム版はさすがにプロのマーケッター向けの値段ですね▼
pricing
http://www.netvibes.com/en/pricing

というわけで、iGoogleからの乗り換えにはこれがほぼベストなんじゃないかと今日もぼんやり考えました。


PROFILE

Hiroyuki Ito

ウェブディレクター/サウンドクリエイター。個人事業としての伊東制作所(当サイト)を経てシララ株式会社を設立。

RECENT POSTS

Facebook

Twitter

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH