伊東制作所ブログ

ハッとしたものごとを書き残したい衝動


どれが選ばれる?音楽配信サービスAWA,LINE MUSIC,Apple Music

国産ストリーミング型音楽配信アプリAWA(読み方は“アワ”らしいです)と、LINE MUSIC。そしてまもなくApple Musicも開始します。
世界的には同様のサービスとしてSpotifyがリードしているものの日本上陸がまだですので、上記3つ、ないしはSpotifyの参入時期によっては4つで市場がパンッパンに埋まるのではないでしょうか。
※ソニーの「Music Unlimited」という先行サービスもありましたが、ひっそり終了・・・

どの定額制音楽配信サービスが選ばれる?

▼AWA▼
AWA

▼LINE MUSIC▼
LINEMUSIC

▼Apple Music▼
applemusic

AWAとLINE、どちらも使い勝手は良いです。前者はプレイリストから曲を流し聴き&発掘していくタイプ、後者はテーマ・ジャンルやアーティスト名などから掘っていくタイプ。

Apple Musicは、2015年6月30日からスタート、つまりまだ開始前ですが、おそらくiTunesとの連動という点で日本ユーザーにとっても慣れ親しんだ設計がなされていることでしょう。

ただ、この手のサービスをいくつも併用するのは煩わしいので、ユーザーにとって1つでいいはず。なにしろ定額課金されますからね。
そうなるとあくまでユーザーからみた決め手は

1、曲の多さ
2、ソーシャル機能

ではないでしょうか。

1は、現時点ではどれも「数百万曲」と言われつつ、やはりまだまだ不足している感が否めません。しかし、これが足りないとサービスが成立しないため、各社必死でかき集めて、いずれ似たり寄ったりになっていくと予想。
※AppleはiTunesがあるのでストック曲数自体は群を抜いていますが、サービス開始後は他と同じように数百万曲のようです

2については、LINEがコミュニケーションツールとして発展した背景から「友だちと音楽を共有する」という強みがあるため、日本に限定すればLINE MUSICがやや優勢ではないかと。スタンプ風に曲を友達に送れるのが、らしいところですね。
対するAppleは伝統的にソーシャル対策が弱いですから、今回もその点はイマイチなのでは?と考えられます。

また、あえてもう1つ条件を付け加えるとすれば、やはり金額。若年層のユーザーも巻き込むなら100円、200円の差は大きいかもしれません。

この戦いがどうなっていくか、とても興味深いです。

関連リンク(外部サイト)

テイラー・スウィフトがApple Music無料期間に抗議→アップル副社長「払うよ」

音楽配信アプリ「AWA」のデータ通信量をおさえる設定方法【AWAの使い方】


PROFILE

Hiroyuki Ito

ウェブディレクター/サウンドクリエイター。個人事業としての伊東制作所(当サイト)を経てシララ株式会社を設立。

RECENT POSTS

Facebook

Twitter

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH