伊東制作所ブログ

ハッとしたものごとを書き残したい衝動


まだ3月だけど、今年買ってよかったモノ・サービス暫定ベスト3

なぜだか最近、満足度の高い商品やサービスに当たってるようでして「これイイわー」とよくつぶやいてます。
というわけで、まだ3月がはじまったばかりですが今年の極私的ベスト・バイ3暫定版を決めました。

第3位:スマホの通話料DOWNおたすけアプリLaLa Call(ララコール)

スマホの通話料、高すぎません?
僕はau/iPhone/LTEプランなんですけど、仕事で発信が多いので、毎月の明細を見て暗い気持ちになっていました。
そういうわけでエイ!と導入したのが050から始まるIP電話のLaLa Call。
ユーザー登録して、スマホにアプリを入れるだけでいいので、PCの前でサクサク20分くらいで設定完了できたと思います。
ちなみに、たくさんIP電話のプロバイダがある中でLaLa Callを選んだのはほとんどカンです。ざっくり見比べて、月額基本料とか実際の通話料がおトクに見えたってだけで。
通話料のイメージはこんな感じ。月額基本料はたった100円。
それで面白いのが、毎回通話終了時に出るこの画面▼
lalameisai
この時は10分くらい話したんですが、Lala Call様が430円も安くしてやったのだということをアピールしてきます。
継続利用の動機になるので、上手いと思う。
「LINE電話」も発表されましたから、いつまでおトクなサービスと言えるのかはわかりませんが、受発信で不具合を感じたことはないですし、満足です。
⇒eo光 LaLa Call(ララコール)

第2位:激安ギターLEGEND LST-X

とある事情で、右利き用のギターを自宅にストックしておく必要に迫られまして(僕は左利きなので使わない)、選んだのがこちら。

A.楽器として最低限の水準をクリアしている
B.新品
C.ギターとして激安とされる1万円以内にチャレンジ

という条件で決めました。すでにこれを買った好事家の先人たち(魔改造する人もいたり)のブログやレビューもかなり参考になりました。

このLEGENDというのは、定評のある日本の楽器メーカー「荒井貿易(ARIA)」による入門者向けブランドです。
なので、安くてもそこまで変なモノは送られて来ないだろうという期待も有りました。多少の不具合は自分でメンテナンスすればいいし。
そう思いつつ、到着した箱を開けてジャジャーンと音出ししてみれば、ぜんぜん普通。
特に改造しなくても、とりあえずこのまま「普通」に弾けるし、聞ける。
正直なところ、ブラインドテストで3万円くらいのギターと音だけ聞き比べをしても僕は判断つかないかも知れません。
各パーツの安っぽさや細かい仕上げなどの粗さはあるので触って目視もすれば解りますが、室内の練習用としては支障をきたすようなものでもなく。
弾きこんでいって、そのうちパーツとか自分好みに変えればいい感じになるかも・・・そう妄想させるくらいのクオリティです。
工業製品のレベルが上がってるってことだと思うんですが(たぶん中国製)、恐ろしい時代になりましたね。

第1位:プロによるエアコン清掃

これが1位に来ると主婦ブログっぽいですが、筆者はオッサンです。
子どもが喘息なのでエアコンのカビは大敵!と急に思い立って掃除しかけたんですが、中のとんでもないドス黒さ(主にカビ)と、それを除去する手段がないことに気がつき断念しました。そもそもカビが落ちにくいし、奥まで手が届かないし、かといって分解掃除したらかならず自分は壊す、と。
出来ないことは出来る人に頼もう!ってことで
A.なにかと安心なので拠点が近い専門業者
B.作業内容が明確
C.安い(毎回ここ大事)

という基準で近所のエアコン掃除専門店に頼みました。
来てくれたお兄さんも爽やか・親切・丁寧で(ミスっていちど床に水をぶちまけたけどな)、2台やってもらって2時間ちょっとで完了。
お値段は計1.5万円くらい。
高圧洗浄機でファンから内部の壁まで洗ってもらい、墨汁のような汚水がバケツにドバドバ出てきました。
それで何が良かったかというと、空気が清浄になったということはもちろん、暖房/冷却効率が超回復したってことです。
設定温度をいつもは23度くらいに設定しないと部屋が暖かくならなかったのが、21度で十分、20度でもいいや、くらいになりました。
たぶん電気代に大きく影響するでしょう。
空気がキレイになって電気代も下がるという感覚が精神衛生的に良いので、これが最近もっとも満足度が高かったです。

ここまで書いてみて気がつきましたが、
「消極的な理由でしかたなく買うんだけど、買ってみたら期待以上でなんか嬉しかった!」
というものが並びました。
第2位のギターはアフィリエイトリンクを貼ってますが、このエントリー自体はステマではありませんのでぜひどうぞ。


PROFILE

Hiroyuki Ito

ウェブディレクター/サウンドクリエイター。個人事業としての伊東制作所(当サイト)を経てシララ株式会社を設立。

RECENT POSTS

Facebook

Twitter

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH